UbuntuでRaidを構築して見たら絶望しかけた!

参考URL

https://ygkb.jp/3923

https://kledgeb.blogspot.com/2014/02/ubuntu-mdadm-1-raidmd.html

1 その背景

ゲーム動画、そしてRAW写真をやっていると急激にHDDを食うもので、困った私は考えに考えた挙句、Linuxでファイルサーバー立てたら管理楽じゃない?!

という思考に。

NASは使っていたのですが、とても古い代物で転送速度など期待できるわけもなし。NASを崩してHDDだけ取り出しつつ、増設を狙おう!ということで頑張って見ました。

2 プラン

まず、繰り返しますが、初心者がLinux系OSに手を出すのはオススメしません。GUIになれているため、まずコマンドで「???」となりますし、ある程度理解のあった私なので希望を抱いていた私ですら、絶望を抱きました。

プラン的には簡単で、

(1)HDDバラしてとりあえず4台集める
(2)ケースに取り付けられるようなHDDケース買ってきて搭載する、特に電源はユニットから直接、SATAもマザーから引っ張れるようなガジェットがいい

(3)後はソフトウェアでRaid組む!

(4)元々のNASに重要データだけバックアップする

完璧なプランってやつさ!

と思っていたのですが…

3 苦労したところ

まず、物理力の行使で物事が解決するならばそうした方が早い、というのが私の哲学なのですが、今回ほど、素人がソフトウェアで何かすることの難しさを感じたことはございません(笑)

(1)、(2)はどうにでもなります、ええ物理力ですとも。

問題は(3)やったんや…
まず、中古HDDの怖いところで、もともとNAS上でシステマライズされていたのでしょう。HDDのフォーマットからして躓きました。
「ファイルサイズ規定より多いんだけど!」

「HDDが見れねーよ!」

「ああん、エラー出てるから初期化してやんねーよ!」

モニターから返ってくる罵声に耐えながら進みます。

ここで断言できるのは、素人がLinuxで遊ぶときは基本GUIベースで動かした方がいいということです。
権限の問題もありますが、CUIだと選択肢が見え難く、行き詰まった時にがっつりスタミナを持って行かれます。その点、GUIだと選択肢は提示してもらえるので楽です。

当初、fdisk、shredを駆使して初期化して認識だけはしてもらおうと努力したのですがダメでした。gnome-diskもエラーを返してくるので諦めかけたその時、GPartedというツールを使用しての記事を見かけて、ものは試しと挑戦して見ました。

パーティションを作成する前の段階で止まっていたのですが、テーブル作成を実行したところ、強制で初期化でき、進むことができました。感謝!

https://kledgeb.blogspot.com/2012/10/ubuntu-gparted-6.html

後は、mdadmでアレイを作ってー

https://kledgeb.blogspot.com/2014/02/ubuntu-mdadm-1-raidmd.html

という流れなので、苦労せずいけました。
これも先人に感謝感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)