[レビュー]SteelSeries Arctis Proはサラウンドの夢を見るか

極上のサラウンドを求めて。
昔、5.1chが高嶺の花だったあの頃、サウンドカードをつけてやったMMOの感動を僕は忘れない。

というわけで、2台目のサラウンドヘッドフォンです。
間にはSoundblaster G5をつけているので、厳密にはスピーカーの感覚のレビューになるわけですが。

他には、Playstationプレミアムサラウンドヘッドフォンを使っていまして、それと比較なども後ほど。
また、この製品、意外と単品のレビューはなく、USB接続のDACと一緒のレビューが多いようでした。

装着感はどうか?

私は頭がでかいので、装着感はきつめです。標準的なサイズの頭の方はちょうどいいのではないでしょうか。
何より、しっかりと耳をカバーしてくれるので没入感が高く、音のしっかりした響きを堪能できます。
映画やYouTube鑑賞などでもいいのではないでしょうか。

音はどうか?

本製品の強みはハイレゾ対応スピーカー搭載ということで、同価格帯の製品と比べてもスピーカーの質はいいようです。特段耳がいいわけではありませんが、邦画を一本鑑賞してみましたが、高音から低音までしっかりと流れてきて上々でした。

定位感はどうか?

ゲーマーとしてはこれが木になるのかと思います。
試しに、PS4でヘッドフォン端子にさしてプレイしてみましたが、いいヘッドフォンだなという程度で、右左、まして上下は区別がつきません。
やはり光端子出力なり、間にオーディオインターフェイスなどを通して初めて位置関係は表現されるのだと感じます。

ではSoundblasterG5ではどうか?

メーカー推しとしてはGameDACなのでしょうが、PCにサウンドカードをつけている人もいれば、私みたいに同質のものを持っている皆さんもいるわけです。
試しに、現環境をそのまま本製品にしてみましたが、しっかりと位置まで再現されました(Scoutモード使用)
むしろ、SONY製より位置は掴みやすいような。
反面、距離は難しく、近いのに遠く、遠くなのに近いなど、調整不足も目立ちます。

この辺り、突き詰めればK/Dに大きく影響してきそうです。

本日の感想とコラム

値段的にはなかなかのものですが、スピーカーのおかげがしっかりと方向まで再現してくれるのはありがたいです。
個人的には買ってよかったアイテムかと。

余談ですが、Escape From Tarkovの動画をあげたいと頑張っていますが、死にまくりの毎日。
先日、友人と収めたスプラもイカトークばりのラジオ会話です。まあ自分たちが面白ければいいのですが、流石に死にまくりはへこむ笑